Amazon WorkSpaces導入支援
サービス概要

Amazon WorkSpacesとは

Amazon WorkSpacesとは、1台から始められ必要に応じて台数を増やすことができるクラウド型の仮想デスクトップサービスです。パソコンやタブレットを社外で利用したり、在宅勤務などモバイルワークによる仕事の効率化や、ワークスタイル変革などに最適なソリューションです。
多要素認証や、Chromebookと組み合わせることでセキュリティ対策も可能です。

サービス概要

Amazon WorkSpacesの導入支援

オンプレミス環境との接続を含むActive Directoryとの連携や、Amazon WorkSpacesのバンドル作成、Amazon WorkSpacesの展開、更に要件に応じた制限の実施((例)クリップボードコピーの禁止など)、時間課金・月額モデルの選択、付加機能、サポートデスクなどトータルで導入をご支援いたします。


  • 設計

  • 構築

  • 運用
  • ic_authentication01.png
    多要素認証
  • ic_terminal01.png
    端末提供

オプション機能

①多要素認証機能の導入

Amazon WorkSpacesは、Active Directory内ドメインユーザのIDとパスワードでログインを行いますがそれだけでは、モバイルユースを考えた場合にセキュリティの観点より懸念があります。
Amazon WorkSpacesでも導入しているパスロジ社のワンタイムパスワードソリューションであるPassLogicをAmazon WorkSpacesと連携させることでワンタイムパスワード(多要素認証)機能を追加し、セキュリティを向上させています。それらの導入から運用までをご支援いたします。

②ZeroClientの導入

ZeroClientは、OSレスで画面転送に特化した端末です。
端末もリーズナブルで運用コストも最小限で導入が可能です。サーバサイドにPCoIP Connection Managerサーバが必要となりその構築から、端末の導入・設定までをトータルでご支援いたします。

③Chromebook, Chrome管理コンソールの導入

モバイルユースを考えた場合、通常のPCだとアンチウイルスの導入やディスクの暗号化ソフトの導入など通常のPCと同様のコストが掛かってしまいます。
Chromebookは、ウイルス対策・パッチ適用やデータ暗号化が標準で搭載されており、初期コスト・運用コストともに安価に導入することが出来ます。
更に、ChromebookにはChrome管理コンソールと呼ばれるリモート管理機能があり、管理者がリモートから端末を完全にコントロールすることが可能です。端末管理、ローカルデータの消去設定、インストールするアプリケーションや、接続可能なWiFi等きめ細かく管理することが可能です。
例として、Chromebookをシングルアプリケーションモードに設定すると、その端末はAmazon WorkSpacesのみ起動可能なKIOSK端末となります。万一、端末を紛失してしまった場合は、Chrome管理コンソールから該当の端末を無効化し一切の操作ができないようにロックすることが可能です。

④サポートデスク

Amazon WorkSpaces導入により情報システム部門の負荷が増えるケースが考えられます。例えば、Amazon WorkSpacesがつながらない、つながっても応答しないなど。これらに24時間365日で情報システム部門の方が対応することは不可能と思われます。当社のサポートデスクでは365日対応でこのような煩わしい運用を一切お任せいただけます。Amazon WorkSpacesを利用するエンドユーザ様から直接サポートデスクへ電話等で連絡を頂きリブートや、リビルド、場合によってはAWSのビジネスサポートへの問い合わせを行い問題を解決していきます。さらに、多要素認証機能(MFA) の運用や、ChromebookのChrome管理コンソールの運用まで合わせてサポートデスクで対応致します。

多くのお客様にご利用いただいております。

AWSやAmazon WorkSpacesの 導入から接続回線、運用・保守 まで何でもお任せください

AWSの利用を
ワンストップでサポート

  • AWS Partner Network TOKAIコミュニケーションズは、APN アドバンスドコンサルティングパートナーです。
Page
Top